あぶくま農学校の創設

角田市農業振興公社の創設

この田園風景を食べてけろ!

ウェブマガジン「あぶくま農学校」の発行

ウェブマガジン「あぶくま農学校」のブログを活用して、インターネットの双方向の情報伝達機能を利用して、都会の自宅に居ながらにして食や農について楽しめる、わからないことがあればブログのコメント投稿を通して百姓先生に質問したり、百姓先生が回答するなど学べるものを構想しています。
 生産者と消費者の垣根をなくすことが、少しでも顔が見えるような関係をつくることが、食の安全性、環境とか健康についてより深い共有化をもたらすものと考えています。そのために生産現場のも消費者が関われることを願っています。
 例えば、コメであればその生産現場である田んぼを中心に、肥料を施す、田植えをする。草取り、追肥、刈り取りまで、お互いに関係できるようなシステムを検討し、出来たお米は自分で食べれるように出来ないかと考えています。