あぶくま農学校の創設

角田市農業振興公社の創設

理事長
大友 喜助

はじめに

理事長挨拶

あぶくま農学校の創設について

 わたしたちの農業を自らデザインしようと、角田市農業振興公社は生まれました。わたしたちは、農業振興公社を立ち上げる仕事とともに、角田農業のホンネの、未熟ではあっても精一杯の戦略プランを立ててきました。そして、わたしたちはこの戦略プランを練り上げるワークショップ(*注1)の過程で、角田農業を展開していくための5つの基本的な方向を整理することができました。
 そして、これを生み出し、実現し、活力に満ちた、新たな進化型の農業を展開しようとするときに、わたしたちは、人材の必要性、情報ネットワークの必要性を痛感してきました。また今、角田に求められているのは世代をつなぎ、次世代に渡し、未来を拓くための「学校」であることを、
①食と農を結ぶ学び
②都市と農村を結ぶ学び
③世代を結ぶ学び
④開かれた農業空間を生み出す学びの場を作ろう。
それが「あぶくま農学校」であると。
 そのため、あぶくま農学校は、次の事業を展開したいと考えます。

Ⅰ この田園風景を食べてけろ -食農学習の里づくり-

 地元の子どもや市民、東京都目黒区や県内外の都市消費者に食と農を学ぶ支援をします。  アジアとの交流を促進します。

Ⅱ 農業でメシ食うもん集まれ -自立農業塾の開設-

 ①角田の土農業塾(土塾) 角田において新たに農業をはじめたいという希望者に土着してもらう場。
 ②農業経営実践塾   プロの農業経営者によるビジネスモデルづくりを目指す

Ⅲ オラほうさ来らいーん -「ウェブマガジンあぶくま農学校(*注2)」の発刊

 校長は、公社の理事長です。講師は、公社の会員である農家の方々や市内外の専門の方々にお願いしています。
 これらの事業を、都市の生活者、角田の農家の人々、農業振興公社の会員と行政とのパートナーシップ(*注3)を構築しながら、パブリックリソース(*注4)としての機能を果たせるよう、取り組んでいきます。


*注1【ワークショップ】 仕事場。研究会。研究集会。意見の交換、技術などの紹介
*注2【ウェブマガジン】 インターネットで標準的に用いられる文書システムをウェブと言い、それを用いたマガジン=雑誌であるという意味
*注3【パートナーシップ】 協力体制。共同経営
*注4【パブリックリソース】 NPOと公共セクターの共有財産