あぶくま農学校の創設

角田市農業振興公社の創設

1.農業・農村のビジョンを明らかにします

(地域農業のあり方を提案する事業)

(a) 地域農業戦略の調査、研究に関する事業

 ◆現場の生産者(農業経営体)が直接農政に参画するという公社の最大の特徴を生かして 、農業関係団体及び行政と三者一体で、地域農業の理念、生産基盤・環境、生産振興、流通対策、生産調整(転作)、担い手育成、農業経営改善等、地域農業全般にわたる 戦略を体系的に調査・研究し、実践機関(行政、JA、農家)に提案する。
 ①角田農業戦略プランの策定と実践課題の企画・立案
 ②「角田農業戦略会議」(*注1)を専門機関として設置

(b)シンクタンク機能に関する事業

◆人材ネットワーク網を構築し、戦略づくりに不可欠なシンクタンク機能(*注2)を強化する。 また、角田市の農業(農業者)と農(畜)産物情報を全国に発信するとともに、農業全般 に関する情報を収集し、地域農業戦略に活用するほか、農業経営体に提供する。
 ①人材ネットワーク網の構築

     
  • 大学教授、民間コンサルタントの顧問起用
  •  
  • 関係機関のスペシャリスト職員をテーマに応じて招請し、指導・助言・情報交換を 行うスーパーバイザー(*注3)方式の採用
  •  
  • 流通関係者
  •  
  • 産直グループ
 ②インターネット・ホームページの開設
 ③農業情報のデータベース化などによる情報提供システムの開発
 ④公社事務局職員の資質向上


*注1【角田農業戦略会議】 農業経営体代表、行政・農業団体の実務責任者で構成する調査 検討機関
*注2【シンクタンク】 さまざまな領域の専門家を集めて政策決定などの複合的な問題を研究する機関。頭脳集団
*注3【スーパーバイザー】 カウンセリングやケースワークでの指導者