自立と共生

角田のブロッコリー

ブロッコリーは、野菜の中でも特に栄養価が高く、ビタミンCはレモンの約2倍あり、カロチン、鉄、それに食物繊維も豊富です。
 茎には糖分が多く、甘味があります。30年位前にはほとんど食卓にのらなかったブロッコリーですが、現在では鮮やかな緑色と高い栄養価が好まれ黄緑色野菜の代表選手となっていいます。

秋ブロッコリーの育苗


2002.7.13(金)の夜に種を蒔き、約3日後の様子です。セルトレイ(20×10穴)という容器を使用しています。
写真の方法だと約36時間で発芽するそうです。

発芽の様子


2002.7.15(月)

2002.7.22(月)の様子。


本葉1枚出ています。


2002.7.25(木)の様子


本葉2枚が出かかっています。


高さ約5cm。


セルトレイの苗も緑色が濃くなってきました。

2002.7.30(水)の様子



本葉2枚の状態

2002.7.31


まもなく、畑に定植予定

2002.8.5(月)の様子


もうすぐ、畑に定植予定。


本葉3枚目も出始めました。

2002.8.7(水)


耕運が終了し、まもなく定植作業に入ります。
植栽面積約15a。
場所は、阿武隈川の堤外にある畑です。

定植機械を使い定植開始



定植機械により、省力化が図られたそうです。


今までしゃがんで手でブロッコリーの苗を植えていてため、腰等にかなり負担がかかっていたそうです。

この定植機械は、2人で行い、1人が機械を操作し、もう1人がブロッコリーの苗を白い筒に入れて行い、自動的に土に1本づつ植えていきます。


2002.8.7


まもなく、今日の定植作業終了。

2002.8.13(火)


定植後、暑い日が続いたので、苗が傷んでいるものがあり、苗の植え替え作業を行っているところです。

2002.8.13の状況



2002.8.22の状況 その1



2002.8.22の状況 その2



2002.8.22の状況 その3



2002.8.27の状況 その1



2002.8.27の状況 その2



2002.8.27の状況


除草剤を使わないため、手で草刈り作業を行っています。

2002.9.2の状況 その1



2002.9.2の状況 その2



2002.9.2の状況 その3



2002.9.12の状況 その1



2002.9.12の状況 その2



2002.9.12の状況 その3



2002.9.20状況 その1



2002.9.20の状況 その2



2002.9.20の状況 その3


この日は、モンシロチョウがいました。

2002.10.1の状況 その1


台風21号が近づいています。畑が堤外にあるので、阿武隈川の増水による冠水被害、強風による倒伏被害等が心配されます。

2002.10.1の状況 その2


花蕾はまだ見えません。

2002.10.3の状況 その1


台風21号が過ぎ去った後の様子です。阿武隈川の増水被害はありませんでしたが、強風によりほとんどのブロッコリーが根元から倒れていました。

2002.10.3の状況 その2



2002.10.3の状況 その3


1cm程度の花蕾が見え始めました。台風による倒伏被害があり、今後の生育が心配されます。

2002.10.8の状況 その1


台風21号による倒伏被害がありましたが、倒れていたブロッコリーも何とか立ち直ったようです。

2002.10.8の状況 その2


まもなく収穫できそうなブロッコリーもありました。

2002.10.16の状況 その1



2002.10.16の状況 その2


ブロッコリーの花蕾の状況です。

2002.11.5


ブロッコリーの収穫作業の状況です。10月中旬から収穫作業が始まったそうです。

2002.11.5


花蕾が十分ふくらんで、しまりのある状態のブロッコリーを1つ1つ選別しながら収穫しています。

2002.11.5


ブロッコリーの茎の長さを包丁で切り揃えながらの収穫です。

2002.11.5


収穫したブロッコリーを箱詰めしているところです。

2002.11.5


今回取材のご協力をいただいた高原さんです。大変ありがとうございました。