自立と共生

梅干のお手がら

角田の産直ものがたり。

角田の農家では今も昔ながらの製法で梅干しをつくっています。 庭先に実をつけた青梅を天塩としそで漬けこみ、三日三晩土用干ししてできあがるひ なたくさい素朴な梅干しです。この梅干しがひょんなことから、とんでもないお手が らをたてることになってしまいました。

角田市農協が安全性を重視した農畜産物の地場流通をめざして、産直に取り組み始め たのは昭和45年のこと。そして47年には農協として日本で初めて日本生協連 に加盟し、農産加工農協連合会を発足させました。生産者、消費者、地域住民が協同 し、暮らしといのちを守る農業の理念、そして農業者の真心を「安全・安心・新鮮・ おいしい農畜産物」にこめて、消費者に届けること・・・それが地域農業の理想の姿 と考えたからでした。こうして生産者と消費者の顔の見える関係づくりに力が注がれ ました。生産の現場を消費者が知り、消費者の要望を生産者が知ることは産消提携の 出発点といえます。かくして角田に食の安全を求める人たちが訪れるようになり、あ る日産直交流でお茶受けに農家の自家用梅干しが出されました。この梅干しが添加物 ゼロの自然食品として高く評価され、角田の日常生活の中には価値あるものがもっと あるのではないか・・・と農村の伝統的な暮らしに目が向けられたのです。間もなく 梅干しの産直が本格的に開始され、梅の果樹園と梅干しの加工場が誕生しました。こ うして梅干しは農産加工の草分的役割を果たし、安全農産物生産運動の原点となった のです。消費者との絆に支えられて、みやぎ生協との交流は20年以上に及んでいま す。冬の寒さ、夏の洪水。厳しい自然との戦いの中で、農産物が生産されることを交 流に訪れた人たちは目のあたりにし、私たちは健康管理を食に求める消費者の熱意に 触れました。こうして、土を大切にし農薬と化学肥料を減らす努力の輪が広がり、野 菜、米、果樹、加工品、減反田を利用して栽培した花と、産直品目は増えていきまし た。花が咲いてからは農薬を使わないので、もぎたてをそのまま食べられるイチゴ、 季節を追って旬を大事にした野菜の詰め合わせ「グリーンボックス」、農薬の空中散 布を全面禁止した有機低農薬米などは、特に話題となっています。そしてこうした私 たちの活動は、「朝日農業賞」「環境保全型農業農林水産大臣賞」という評価を得た のでした。

食べてみらいん

梅干しづくり名人や梅料理などのレシピを紹介しています。