自立と共生

いのちを守る農業

安全な農産物の生産をめざして4半世紀

たとえば、黒々とした土の中から掘りおこしたホッコラとしたジャガイモ。 あるいは夏の夜明け、まだ朝霧に包まれている紫紺色のナスや茜色のトマト。 そして秋、はじけそうな実を鈴生りにつけた黄金色の稲穂。 それらはみんな、まぶしいほどのいのちの輝きに満ちています。 健康ないのちを受け継いでいてこそ、健やかな人の営みがある・・・・・ そんなことをしみじみと感じながら、 季節のめぐりのなかで私たちは種をまいています。

仙台市から南へ約40キロ、宮城県の南部は阿武隈川の流域に位置する角田市。ここ はササニシキ、ひとめぼれに代表される宮城米の米どころとして知られています。農 家は3,600戸、その9割は兼業農家ですが、私たちは25年以上にわたって「い のちを守る農業のまち」を基本理念として、安全な農産物の生産拡大運動に取り組ん できました。米づくりにおいては、農薬航空散布を全面禁止して有機低農薬米を生産 しており、生協との提携米ほか産直米、酒や米菓などの加工米としての需要が増えて きています。ヘリコプターによる大規模な農作業は、日本農業近代化の象徴ともいえ るもの。角田でも年4回、農薬の空中散布が実施されていましたが、1991年以来 全面中止し、基本的栽培管理を自分たちの手にとりもどしました。それは農業者とし て、自分たちの作物に責任をもちたいという願いからであり、また効率優先、経済至 上主義に象徴される農業近代化の流れからの「自立」宣言でもありました。農業とは 何だろうと私たちは考えました。農村は農民の生活の場であり、同時に人びとのいの ちを預かる食糧生産の場です。しかし、地球上の資源とエネルギーを使いながら新し い価値の生産をすれば、環境に負荷がかかります。それを減らす努力は、この星に暮 らす全ての人がしなければならない時代といえるでしょう。自分のために、自分のま わりの人や自然やいきもののために、安心できる環境を保持する努力。そこから安全 農産物生産運動も出発するのではないか。私たちの気もちのなかにずっとあった他者 との関わり方、それが「共生」という方向性に向かい、農業者としての生活に自信と 誇りをとりもどす模索を、私たちは始めたのでした。

食べてみらいん

角田市の農産物を紹介しています